オトコの妊活blog

理学療法士の視点でオトコの妊活を発信します!!

メタボと早漏

どうも!

メンズヘルスケア理学療法士の小林です😊

今日は韓国の文献を紹介します( ・∇・)!

 

Metabolic Syndrome Is an Independent Risk Factor for Acquired Premature Ejaculation.

-メタボリックシンドロームは後天性早漏の独立した危険因子-

 

この文献は下部尿路症状、勃起不全、性腺機能低下症、前立腺炎など様々な

リスクファクターを考慮した後、

 

メタボリックシンドロームはリスクファクターとなりうるかを調べた

文献になります(^ω^)!

 


☝️2012年1月から2017年1月までに、1,029人の男性の記録を分析し、

 

☝️国際前立腺症状スコア、国際勃起機能指数(IIEF)スコア、

 国立衛生研究所 - 前立腺炎症状指数(NIH-CPSI)スコア、

 血清テストステロンレベル、およびMetSの全成分を分析。

 

☝️後天性早漏(PE)は自己申告膣内射精潜伏期間≦3分として定義され、

 

☝️メタボリックシンドローム(MetS)は修正国立コレステロール教育プログラム成人治  

 療パネルIII基準を用いて診断された。

 

→1,029人の男性のうち、74人(7.2%)がPEを取得し、111人(10.8%)がMetSを発症した。

 

MetSの存在(OR = 2.20、p = 0.022)は後天性PEの有病率と有意に相関し

ていた( ;∀;)

 

→さらに、射精機能障害スコアおよび射精不安スコアに関する男性の性的健康質問票 

 は、メタボの成分数が増加するにつれて次第に点数が減少した。

 

メタボは、後天性早漏の発症のための独立した要因であり得る。 

 

メタボの効果的な予防および治療はまた、後天性早漏の予防および治療にとって重要で、

やはり、生活習慣は大事です!早漏や遅漏の問題にも関わってくるようですね!

 

以上、

メンズヘルスケア理学療法士の小林裕輔でした!

ありがとうございました!

参考文献:Metabolic Syndrome Is an Independent Risk Factor for Acquired Premature Ejaculation. jeh SU 2018